投資のリスクについて

投資のリスクについて

株式などに代表される金融商品のリスクとして、代表的な4つのリスクがあります。

価格変動リスク

インフレリスク

流動性リスク

デフォルトリスク

の4つです。

ちょっとだけこうしたリスクについての事を皆さんに説明してみようと思います。

Synchronicity(シンクロニシティ)HPへ

リスクの種類

お伝えする投資の4つのリスクはこのようになってます。

価格変動リスク

価格変動リスクというは、金融商品の値段が上下する事で発生するリスクの事。

株式の場合、買った時よりも値段が上がれば利益を得られ、逆に買った時よりも下がれば損をするわけですよね。

投資にはこうした基本的な価格変動のリスクが存在します。

インフレリスク

インフレ(インフレーション)とは、世の中全体のものの値段、いわゆる物価がどんどん上がっていく事。

投資の場合にこのインフレが原因となって起こるリスクの事をインフレリスクと言います。

どういう事かと言うと、例えば1万円を金利1%の定期預金で1年間預けると1年後には1万100円になりますよね。

この金利には変化がないまま、その間に物価が5%上がってしまうと例えば1年前には1万円で買えたものが1万500円になります。

金利によってお金は増えたけれども、インフレにより、物価が上がってしまい結果としては損をする状態の事をインフレリスクと言います。

これはつまり銀行にお金を預けるだけという行為にもリスクが実は存在しているという事です。

流動性リスク

お金が必要」と思ったタイミングで簡単にお金に変える事が出来ない可能性のリスクの事を流動性リスクと言います。

なかなかイメージしづらいかもしれませんが、簡単に言うと、ある企業の株式を購入していて、その株式を売りたいと思ったけれども、それには買い手が見つからなければ売る事が出来ないという事。

また、売り手は見つかったけど、その企業の株式を安い値段でしか買ってくれないという事もあります。

この逆もあり、株式を買いたいと思っていても、都合よく売り手が見つからないという事もあります。

こうしたリスクの事を流動性リスクと言います。

デフォルトリスク

銀行の預金の場合、原則的には決まった期日に預けたお金が利息と一緒に手元に帰ってきますが、お金を預けた銀行が経営不振に陥り、倒産状態となってしまった場合に預けたお金も利息も払ってもらう事が出来ない可能性も出てきます。

こうしたリスクの事をデフォルトリスクと言います。

ちなみに、株式の場合には、株式を買った人に対して、企業はお金を返さなくてもいいという決まりがあります。

なので、株式を買う場合には基本的にはそのお金は返ってこないものという事になるので株式の場合にはデフォルトリスクというものは発生しないと言えます。

投資にはリスクがつきもの

投資には様々なリスクが存在するという事がわかったと思います。

シンクロニシティというFXインジケーターを利用する場合にはあまり意識しない事かもしれませんが、こうした事を知っておく事も今後の投資生活を有益にするには知っておくと良いかもしれませね。

Synchronicity(シンクロニシティ)HPへ
TOPページを見る